忍者ブログ
一次創作、二次創作などを載せております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



自分の意志で始めたブログなのだから自由というものがある。
けれど掲げた看板と内容が違うのでは、それは来て下さる方を騙すに等しく、
不誠実では無いのか?




これ以降当ブログは、創作のみを置くブログとなります。



今までSSを期待され訪問して下さった方々、量、質共にご期待に添えないブログで申し訳ありませんでした。

創作と私感をしっかりと分け、これまで以上に精進していきたいと思っております。

どうか当ブログをよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


拍手

 銀髪が躍動し、ダンダンダンと小気味良い音が続く。

紅魔館のメイド長、十六夜咲夜の投擲する姿は見事であった。

彼女は間髪入れずナイフを投げ続ける。
あたかも五本のナイフが無限にあるかのように。

投げられたナイフは標的に刺さったかと思うと、
次の瞬間には彼女の手元に戻っており再び投擲される。


その奇術のタネも仕掛けも知っていながら、
森近霖之助は手際の良さに感嘆の声をあげた。

「お見事」

賛辞の言葉に霖之助のほうを向き軽く会釈をすると
また投擲を始める。


霖之助は飽きることなくその姿を眺めていた。

拍手

「一杯の紅茶のためには、世界など滅んでもいい」
カップから口を離し、黒髪の少年は言った。 

「一杯の茉莉花茶のためには、世界など滅んでもいい」
カップから口を離し、色白の少女は言った。 

「一杯の珈琲のためには、世界など滅んでもいい」
カップから口を離し、長身の少年は言った。 

「え、えっと、一杯のココアのためには、世界など滅んでもいいっ」
カップから口を離し、小柄な少女は言った。 





そして、一杯の紅茶と茉莉花茶と珈琲とココアを残し、


――――世界は滅びた。





にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村




拍手

※注意


作品によっては嫉妬・修羅場・病的な愛を描く過程で犯罪行為やバイオレンスな描写があります。
また成人向けな内容を含む場合があるので 未成年の方及び上記の内容に抵抗がある方は、閲覧を御控え下さい。

拍手

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
[11/17 California auto insurance]
[02/13 ブログランキング]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
森野 啓臣
性別:
男性
趣味:
小説を読んだり書いたり。
自己紹介:

学生の日常を中心にした一次創作と、東方(主に森近霖之助と彼を慕う少女達)の二次創作を載せていきます。

個人的に小説は読んで下さる方がいて初めて成立すると思います。
読者様への感謝を忘れず、読むことに値する文章を目標に精進します。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析

Template by Emile*Emilie

忍者ブログ [PR]